ドイツの住宅事情

欧州では、ドイツが最大の国としてトップに立っています。 つまり、適切な住宅を見つけるには、ドイツでの道を知る必要があるということです。 滞在期間に関係なく、自宅と呼べる場所が必要です。

ドイツの住居費は都市によって異なる。 しかし、この広い国土で快適に暮らすには、完璧な宿泊施設が必要です。 一番いいのは、自分のニーズに合った宿泊施設を利用できることです。 根気よく、慎重に探せば、必ずや適切な住宅を手に入れることができるはずです。

ドイツで購入・レンタルする

ドイツに行くと、家を買うより借りた方がいいという人が多いことに気づかされます。 なぜそうなのでしょうか? 多くの居住者は、長期間の賃貸を選択します。 ドイツに初めて来た人は、まず借りるのが賢明です。 そうすることで、住宅市場をより深く理解することができます。

しかし、ドイツで家を持つことは、富を築くのに最適な方法です。 不動産を購入したら、それを貸し出すという選択肢もあります。 そうすれば、自分の財産からお金を得ることができます。 不動産は時間と共に価値が上がることは周知の事実です。

買うか借りるかは比較の問題です。 家賃を払い続けるのか、それとも自分の家を買ったほうがいいのか。 もちろん、家を買えば、毎月の家賃の支払いから解放されるので、その方がずっといい。 借りるより買う方が理にかなっている。

ドイツで家を買う前にやっておくこと

さて、理想の家が見つかったら、いよいよ大家さんや不動産屋さんと契約です。 実際の目的の前に、条件を提示させる。 条件をよく理解して、紛争を回避してください。 最終的な決断を下す前に、以下のことを検討してください。

  • 余裕のあるものを買う。 予算と相談する これはとても重要なことです。
  • 弁護士を通さずに書類に署名しないでください。 プロセス全体を完璧にする弁護士を従事させる。
  • 追加費用の有無を把握する。 費用は誰が負担するのですか?

ドイツにおける借家契約

ドイツでは、ほとんどの大家さんが、まずは2年間の賃貸期間を求めます。 大家さんが賃貸契約書を表にしたら、それに目を通さなければなりません。 これは、関連するすべての詳細が付属していることを確認するためです。 契約条件を破った場合にどうなるかを理解しておくことが最も重要です。

賃貸契約が開始されると、家主はあなたを追い出す権利を有しません。 家主は、最低3ヶ月前に通知するか、裁判所に提訴する必要があります。 それでも、家主があなたを立ち退かせる正当な理由がある場合、あなたは立ち退かなければなりません。

ドイツでは、借家契約は無制限であることに気づかされます。 限定的な契約も存在します。 これは、大家さんが物件を借り続けることができなくなったときに出てくるものです。 売却を計画していることも理由の一つかもしれません。 そのような場合は、家主も通知をする必要があります。

ドイツの住まいについて知っておきたいこと

ドイツで家を借りるにしても、買うにしても、光熱費は考慮しなければなりません。 光熱費のケータリングは、頭の片隅に置いてはいけない。 電気、水道、ガスの話です。

ドイツにおける電気・ガス接続

電気のことなら、電力会社を選ぶのが一番です。 目的はコスト削減です。 インターネットで、電力会社を選ぶ。 やり方はいたって簡単です。

電気の接続を申し込む際に、プロバイダーが1kWhあたりいくら請求しているかを知ることができます。 それが、使用料をいくら支払うかを決めることになるのです。 プロバイダーによっては、固定料金のところもあれば、ダイナミック料金のところもあります。

同じ原理をガス会社にも当てはめましょう。 ガスと電気の両方を購入すると、大幅な割引が適用されるプロバイダーもあるので、注意しましょう。 このとき、よく調べて、ガスと電気の両方をお得に提供してくれる事業者を選ぶ必要があります。

ドイツでの水の接続

ドイツの水の質は一流なので、きっと楽しめると思います。 さらに興味深いのは、水道水です。 安心して水道の蛇口から直接飲むことができます。 それはかなりすごいことです。

つまり、あなたの身近にあるウォーターサーバーを見つけることができるのです。 ドイツでは、水道の接続はメーターを持つことを意味します。 最終的な支払額は、使用量によって異なります。 つまり、使用量が多いほど請求額が高くなり、その逆もしかり。

ドイツでの暖房費

ドイツでは、通常、セントラルヒーティングシステムが導入されています。 なお、暖房費は家賃に含まれています。 しかし、家庭の場合、 暖房費は別に支払うことになります。 消費量が多ければ多いほど、請求額も高くなることを常に念頭に置いてください。

ドイツにおける住宅に関する借主の権利

ドイツの法律は、長年にわたって借主に有利なようにできています。 テナントとして問題が発生した場合、いつでも全国のテナント協会に連絡すればいいのです。 お近くの借地借家人組合に連絡することは可能です。 それは、ドイツの法律がいかに借主に有利なものであるかを示すためである。

家主がテナントを立ち退かせる権利を持っている以上、立ち退き手続きには痛みを伴うほどの時間がかかる。 この法律では、都市部では大家が家賃を上げることができないところもあります。 だから、大家さんやデベロッパーの中には、家賃を上げるためにテナントを変える人がいるんです。

家賃の値上げに関しては、思い切ったことはしない方がいい。 ある程度時間が経てば、そうなるはずです。 家主から突然家賃の値上げを通告された場合は、法律相談を受ける。 一般に、賃料の上昇は20%を超えてはならず、これは3年後の話である。